自分の汗の臭いと加齢臭には自分では気づけない

自分の汗の臭いと加齢臭には自分では気づけない

周りの汗の臭いや加齢臭には気付くのに自分の汗の臭いや加齢臭には気づかない。

 

これが普通の反応です。周から指摘を受けないと本当に自分のことはわかりません。若い頃でも運動で汗をかいてそのままにしてると汗の臭いにまわりが気付きます。これが歳を取れば、もうまわりからはバレバレです。自分では気づいてませんから、汗をかいた時、加齢臭が出ていることに意識的になりましょう!大して運動してなくても、清潔に保っていても、年齢を重ねると新陳代謝も悪くなりますし、ホルモンバランスが変わり独特の臭いを発してます。

 

臭いって、印象を強く与えます。汗意外で思い出して下さい。口臭がキツイ人、遠ざけたくなりませんか?人工的なものでいうと香水の匂いがキツ過ぎると遠ざけたくなりませんか?それらと同じように体臭は微妙な臭いではありますが、周りへ自分の印象を植え付けています。四季に関わらずインナーは交換しましょう。自分で臭ってみて「まだ大丈夫だな」と決めつけるのは危険です。周りには臭いが充満してる可能性があります。特に首元は、ホルモン臭が出やすい場所ですので綺麗に拭くなどお手入れしましょう。

 

現在は体臭に過敏になってます。なぜなら核家族化が一般的だからです。昔は大家族で常日頃から祖父母と同居してるのが多く、おじいちゃん・おばあちゃんの高齢者特有の臭いと接する機会が多く、大人になっても逆にその臭いでリラックスするなんてこともあります。しかし、現在はそういう臭いを経験してませんから、加齢臭に敏感で嫌われることが多いです。加齢臭は加齢臭の良さがあると私は思うのですが、ここまで核家族化や清潔感の流行りが出てくると汗をはじめ加齢臭対策は必須となっております。

 

部屋のお掃除は出来てますでしょうか?皆さん、経験があると思います。お友達の家にお邪魔すると、その家が放つ独特の臭い。もちろん、そこに住む家族はそんな臭いが存在するとは気づいてませんが、どの家庭にも必ずあります。つまり、室内のお掃除も大切だということです。自分の汗や加齢臭ばかりでなく、室内の掃除・整理整頓をすることで臭いの元をシャットダウンできます。完全とは言えなくても、やらないよりやった方が良いです。

 

汗の臭い、加齢臭対策として、食事療法や運動療法があります。肉食を減らして野菜中心にする食事療法。適度な運動で汗をかくことでホルモンバランスを良くする運動療法。

 

こうして考えてると、汗や加齢臭は、その人の生き方(生活)を表すものかもしれません。大袈裟なことをする必要はありません。ちょっとした意識を持つだけであなたの印象は変わります。真実に気づきましょう!自分の汗の臭いと加齢臭には自分では気づけません。